豊胸手術で貧乳さらば|自信をもって胸を張れ

注射でバストアップ

胸元

効果の持続期間は2〜3年

昨今の美容外科では、注射による豊胸術の人気が高まっています。手術と異なり、バストに注射液を注入するだけなので、短時間で終わる上に、術後の傷や痛みなどが残らないからです。それでいて効果は高く、一気に数段階バストアップさせることが可能です。この豊胸術で注入される注射液は、具体的にはヒアルロン酸というムコ多糖類です。体内にもともと存在している成分なので、体が拒絶反応を起こすことはなく、その安全性の高さからも注目されています。ただしだからこそ体がスムーズに受け入れ、やがては完全に吸収されてしまいます。そのため効果の持続期間は長くても2〜3年となっています。そのため効果をさらに長続きさせるには、効果が切れてしまう前に再びヒアルロン酸を注入してもらうことが大事です。

デザイン性の高さ

ヒアルロン酸注射による豊胸術のメリットは、デザイン性の高さにもあります。お椀のような均等な丸みのあるバストにすることも、しずくのように下部が大きく膨らんでいるバストにすることもできるのです。また、少しずつヒアルロン酸を注入することも可能となっています。たとえば最初は下部に多くのヒアルロン酸を注入してしずく型のバストにして、好みに合わなかった場合には、上部にも注入してお椀型にすることもできるのです。また、最初は1カップ分のみバストアップさせ、その後定期的に注入することで徐々にカップ数を増やしていくこともできます。まるで成長期のバストのように、自然なペースで膨らませていくことが可能なのです。こういった、細かな調節ができる点が、ヒアルロン酸を使った豊胸術のメリットのひとつです。