豊胸手術で貧乳さらば|自信をもって胸を張れ

目をパッチリさせる施術

美容整形

切開法とは何か

綺麗な二重瞼は、目をパッチリさせて可愛らしく見せてくれます。しかし、目が一重で腫れぼったいとコンプレックスを抱えている方は多くいます。そんな悩みを解消できると、東京の美容外科では切開法という二重になれる治療が人気です。この切開法とは、瞼の皮膚の希望の二重ライン上で切開をしていきます。そして、余分な脂肪、組織を取り除いてから縫合していく施術です。施術をしてから10日後くらいに抜糸を行います。余計な脂肪が除去できるので、瞼の脂肪が厚く、腫れぼったい方に最適の二重施術です。この切開法は部分麻酔を行うので、痛みを感じることはないです。しかし、この美容外科施術を受けると、術後は10日間程腫れます。なので、長期休みの前に東京の美容外科で施術を受けることをおすすめします。

施術の際の注意

東京で行われている切開法は、二重にしたい人にとって確実に効果がある施術です。しかし、自分の希望どおりの二重になるには、カウンセリングを重視する事が大事です。なぜなら、二重になりたいといっても、個々の理想の二重は異なるからです。したがって、東京の美容外科の医師は、患者が望む二重を正確に把握する必要があります。カウンセリングで、医師は細い器具を瞼に当てて、希望の二重のラインを確認してくれます。なので、医師に顔全体のバランスを考慮して、希望の二重の幅や形を詳細に伝える事が大事です。また、瞼の状、皮膚の厚さや脂肪量、筋肉の付き方はそれぞれの患者で異なります。なので、医師の診断を参考にしながら、希望の二重のラインをきめていくことが大事です。